お墓霊園情報エリア上部

HOME  »  墓石を選ぶ  »  お墓の構造

墓石を選ぶ

お墓の構造

仏式のお墓は、墓石と付属施設が必要です。

お墓は、お参りの対象となる墓石だけでなく、墓石に付属する施設も必要になります。

宗教や宗派によっても異なりますが、仏式のお墓だと最低限でも拝石、カロート(納骨棺)、水鉢、花立て、香炉・香立て、塔婆立て、境界石・外柵が必要です。

最近はお墓の面積に応じて、墓石も小型化・簡素化していますが、敷地などバランスを配慮し、予算に応じて各施設を選びましょう。

お墓の構成

お墓の構成
拝石 拝む場所に設置する石。開眼供養で僧侶によって魂が入れられます。一般的には、竿石、上台、中台、芝台で構成されますが、芝台を省く場合もあります。竿石の表面には「お題目」「先祖代々之墓」「△△家之墓」などの文字が刻まれます。
カロート
(納骨棺)
遺骨の埋葬に必要な納骨施設で、墓石の地下に設置されます。大きさや形は、墓地の形状や埋葬の方法によって異なります。
水鉢 お墓の正面に設置。埋葬されている方々の喉の渇きを潤すために清浄な水を満たしておきます。花立てと一体化したものもあります。
花立て 水鉢の両脇に設置。直接石に穴をあけたタイプと取り外し可能なタイプがあります。
香炉・香立て 墓石の手前に設置。線香を横に寝かせておくタイプを香炉、線香を立てるタイプを香立てといいます。
塔婆立て 一般的には墓石の背面に設置。外柵に組み込まれたタイプもあり、材質やサイズなどはさまざまです。浄土真宗以外の仏教では、供養のために施主や参列者が塔婆を立てるしきたりがあります。
外柵 お墓の区画を明確にする柵。背の低い石材で囲むタイプから門柱のついた立派なタイプまでさまざまです。
その他 敷地や予算に余裕がある場合、故人の戒名や経歴などを刻む墓誌、燈籠、つくばい、物置台、名刺受け、玉砂利、お地蔵様などを設置することができます。
お墓霊園情報エリア下部
お墓の建て方サイドメニューUp
お墓の建て方サイドメニューbottom
おすすめ霊園・石材店 バラ咲くガーデニング霊園いせや 永代供養付き手元供養品の[癒し供養〕 現代供養の山石 取扱霊園日本最大規模!日本石材

お墓霊園相談・資料請求はお電話でも受け付けております。